☆☆☆

小野和俊(2020)『その仕事、全部やめてみよう 1%の本質をつかむ「シンプルな考え方」』ダイヤモンド社

小野和俊(2020)『その仕事、全部やめてみよう 1%の本質をつかむ「シンプルな考え方」』ダイヤモンド社を読まなった。 読む時間がなかった。 www.amazon.co.jp

松沢直樹(2021)『おっさんず六法』(山岸純監修)飛鳥新社

松沢直樹(2021)『おっさんず六法』(山岸純監修)飛鳥新社を読まなかった。 読みづらかった。 www.amazon.co.jp

武田鉄矢(2020)『老いと学びの極意 団塊世代の人生ノート』文藝春秋

武田鉄矢(2020)『老いと学びの極意 団塊世代の人生ノート』文藝春秋を読まなかった。 文章がくどかった。 www.amazon.co.jp

松井玲奈(2021)『累々』集英社

松井玲奈(2021)『累々』集英社を読まなった(第1章だけ読んだ。)。 合わなかった。 www.amazon.co.jp

エリック・バーカー(2017)『残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する』(橘玲監修,竹中てる実翻訳)飛鳥新社

エリック・バーカー(2017)『残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する』(橘玲監修,竹中てる実翻訳)飛鳥新社を読まなかった。長い。 監訳者序文が既に冗長的となっている。 これは,「コロンブスのタマゴ」のような画期的な自己啓発書だ。…

真部敏巳,河合保弘(2015)『知識ゼロからの会社の継ぎ方・事業承継入門』幻冬舎

真部敏巳,河合保弘(2015)『知識ゼロからの会社の継ぎ方・事業承継入門』幻冬舎を読まなかった。なお,著者のうち真部敏巳は,企業再建・承継コンサルタント協同組合の代表理事を務めている。 本書は,次の文章で始まっていた。 事業承継は,すべての企業が…

東野圭吾(1989)『十字屋敷のピエロ』講談社

東野圭吾(1989)『十字屋敷のピエロ』講談社を読まなかった。 読む時間をとれなかった。 www.amazon.co.jp

東野圭吾(1987)『学生街の殺人』講談社

東野圭吾(1987)『学生街の殺人』講談社を読まなかった。 読む時間をとれなかった。 www.amazon.co.jp

凪良ゆう(2019)『流浪の月』東京創元社

凪良ゆう(2019)『流浪の月』東京創元社を読まなかった。 気が乗らなかった。

東野圭吾(2004)『幻夜』集英社

東野圭吾(2004)『幻夜』集英社を読まなかった。 読む時間がなかった。

デヴィッド・グレーバー(2020)『ブルシット・ジョブ クソどうでもいい仕事の理論』(酒井隆史,芳賀達彦,森田和樹翻訳)岩波書店

デヴィッド・グレーバー(2020)『ブルシット・ジョブ クソどうでもいい仕事の理論』(酒井隆史,芳賀達彦,森田和樹翻訳)岩波書店を読まなかった。 長い。 a bullshit job is a form of paid employment that is so completely pointless, unnecessary, or p…

佐藤義治(2009)『多変量データの分類 判別分析・クラスター分析』朝倉書店

佐藤義治(2009)『多変量データの分類 判別分析・クラスター分析』朝倉書店を読まなかった。

鈴木修,清水信次,堀場雅夫,宮内義彦,椎名武雄,村井史郎,岡田甲子男,鈴木敏文,八城政基,佐々木正,仲代達矢,樫尾幸雄,鈴木喬,佐藤安太,大塚正富,細川護熙,村山富市,李登輝,小宮隆太郎,明石康,槇原稔,堺屋太一,三浦雄一郎,倉本聰,有馬頼底,石原まき子,西村京太郎,渡辺允,坂本フジヱ,尾畑正勝,稲盛和夫(2015)『遺言 日本の未来へ』日経BP

鈴木修,清水信次,堀場雅夫,宮内義彦,椎名武雄,村井史郎,岡田甲子男,鈴木敏文,八城政基,佐々木正,仲代達矢,樫尾幸雄,鈴木喬,佐藤安太,大塚正富,細川護熙,村山富市,李登輝,小宮隆太郎,明石康,槇原稔,堺屋太一,三浦雄一郎,倉本聰,有馬…

古市憲寿(2011)『絶望の国の幸福な若者たち』講談社

古市憲寿(2011)『絶望の国の幸福な若者たち』講談社を読まなかった。合わなかった。

ターリ・シャーロット(2019)『事実はなぜ人の意見を変えられないのか 説得力と影響力の科学』(上原直子訳)白揚社

ターリ・シャーロット(2019)『事実はなぜ人の意見を変えられないのか 説得力と影響力の科学』(上原直子訳)白揚社を読まなかった。長い。

中野剛志(2019)『目からウロコが落ちる奇跡の経済教室【基礎知識編】』ベストセラーズ

中野剛志(2019)『目からウロコが落ちる奇跡の経済教室【基礎知識編】』ベストセラーズを読まなかった。 長い。

又吉直樹(2019)『人間』毎日新聞出版

又吉直樹(2019)『人間』毎日新聞出版を読まなかった。

ランドール・マンロー(2020)『ハウ・トゥー:バカバカしくて役に立たない暮らしの科学』(吉田三知世訳)早川書房

ランドール・マンロー(2020)『ハウ・トゥー:バカバカしくて役に立たない暮らしの科学』(吉田三知世訳)早川書房を読まなかった。 読む時間をとれなかった。

ランドール・マンロー(2019)『ホワット・イフ?Q2:だんだん地球が大きくなったらどうなるか』(吉田三知世訳)早川書房

ランドール・マンロー(2019)『ホワット・イフ?Q2:だんだん地球が大きくなったらどうなるか』(吉田三知世訳)早川書房を読まなかった。 読む時間がとれなかった。

ランドール・ マンロー(2015)『ホワット・イフ?野球のボールを光速で投げたらどうなるか』(吉田三知世訳)早川書房

ランドール・ マンロー(2015)『ホワット・イフ?野球のボールを光速で投げたらどうなるか』(吉田三知世訳)早川書房を読まなかった。 読む時間がなかった。

山里亮太(2018)『天才はあきらめた』朝日新聞出版

山里亮太(2018)『天才はあきらめた』朝日新聞出版を読まなかった。 山里亮太(2006)『天才になりたい』朝日新聞社と同じ内容(?)だった。

ランドール・ マンロー(2016)『ホワット・イズ・ディス?むずかしいことをシンプルに言ってみた』(吉田三知世訳)早川書房

ランドール・ マンロー(2016)『ホワット・イズ・ディス?むずかしいことをシンプルに言ってみた』(吉田三知世訳)早川書房を読まなかった。 シンプルなことを難しく言っていた。

中野剛志(2019)『全国民が読んだら歴史が変わる奇跡の経済教室【戦略編】』ベストセラーズ

中野剛志(2019)『全国民が読んだら歴史が変わる奇跡の経済教室【戦略編】』ベストセラーズを読まなかった。 長い。

ファラデー(1956)『ロウソクの科学』(矢島祐利訳)岩波書店

ファラデー(1956)『ロウソクの科学』(矢島祐利訳)岩波書店を読まなかった。 興味が無かった。

ふろむだ(2018)『人生は,運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』ダイヤモンド社

ふろむだ(2018)『人生は,運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』ダイヤモンド社を読まなかった。 読むのに疲れる。

L・ランダル・レイ(2019)『現代貨幣理論入門』(島倉原,鈴木正徳訳)東洋経済新報社

L・ランダル・レイ(2019)『現代貨幣理論入門』(島倉原,鈴木正徳訳)東洋経済新報社を読まなかった。 どこに現代貨幣理論が書かれているか分からなかった。

瀧本哲史(2011)『僕は君たちに武器を配りたい』講談社

瀧本哲史(2011)『僕は君たちに武器を配りたい』講談社を読まなかった。 なぜだろう、最初の数ページで胃もたれする。

瀧本哲史(2013)『君に友だちはいらない』講談社

瀧本哲史(2013)『君に友だちはいらない』講談社を読まなかった。 何故,章ごとのタイトルが『秘密結社をつくれ』,『本当の「よいチーム」とはなにか』,『ビジョンをぶちあげろ,ストーリーを語れ』,『よき仲間との出会いのために』及び『チームアプローチ…

瀧本哲史(2011)『武器としての決断思考』星海社

瀧本哲史(2011)『武器としての決断思考』星海社を読まなかった。 なぜだろう、最初の数ページで胃もたれする。

瀧本哲史(2015)『戦略がすべて』新潮社

瀧本哲史(2015)『戦略がすべて』新潮社を読まなかった。 主観的な意見が多い。著者が『日経プレミアPLUS』及び『新潮45』の読者層に合わせたためなのだろうか。